初心者かっしーのレビューブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初心者かっしーのレビューブログ

はじめまして!かっしーです。商品レビューや格安SIM、オススメの防災グッズなどを書いていこうと思います。よろしくお願いします!

LINEモバイルの申込方法の紹介~開通まで・裏ワザあり

LINEモバイル 格安SIM MVNO

皆さんこんにちはかっしーです。
年の瀬に近づいてきてますます気温も下がってきて、朝晩はとても冷えますね。
風邪などひかないようにお気を付けください。

さて今回は格安SIMのお話になります。
僕も契約しているLINEモバイルというMVNOの契約を検討している方向けに申込の手順などを紹介したいと思います。


f:id:crack1021:20161218165155p:plain:w600

目次

Amazonでエントリーパッケージを購入

エントリーパッケージは格安SIMを契約する上でまずはじめに必ず購入するべきもの。購入すると初期費用を安く抑えることができます。格安SIMを契約する際に初期費用が必ず3240円かかります。その費用をエントリーコードを入力することで1000円で済ませることができます。


データSIMはこちら


音声通話SIMはこちら


データSIMと音声通話SIMでエントリーパッケージが違いますので注意してください。
LINEモバイルを契約される方は購入をオススメします。


f:id:crack1021:20161218172200j:plain

エントリーパッケージが届くと画像の黒塗りしてある部分にAMZNからはじまるエントリーコード16文字が印刷されています。
このコードを次の申し込みの際に使用します。




LINEモバイル公式サイトから申し込み

f:id:crack1021:20161218171139p:plain

LINEモバイルの申し込みする際に必要なもの
  1. エントリーコード(エントリーコードを使って申し込みをする場合)
  2. 本人確認書類(運転免許証、パスポート等。住民票が必要な場合もある)
  3. クレジットカードまたはLINE PayカードとLINE Payアカウント
  4. メールアドレス(キャリアメール以外の物。僕はG-Mailを使いました)
  5. MNP予約番号(大手キャリアなどから乗り換えで契約する場合)


LINEモバイル公式サイトはこちら→LINEモバイル

エントリーパッケージが届いたらLINEモバイル公式サイト右上の申し込みをクリック。


f:id:crack1021:20161218173703p:plain


申し込みに必要な情報が揃っているか今一度確認をしましょう。


f:id:crack1021:20161218174402p:plain


コードを使用して申し込みを選択します。
通常申し込みだと初期費用3240円がかかってしまいますので注意してください。

f:id:crack1021:20161218180939p:plain

SIMフリー端末やドコモ端末、SIMロック解除をしたauSoftbankスマートフォンをお持ちの方はSIMカードのみを選択。
端末を新たに購入される方は端末+SIMカードを選択してください。

LINEモバイルの料金プラン


次に料金プランの選択です。
LINEモバイルの料金プランをまとめてみましたので参考にしてみてください。

  • LINEフリープラン

f:id:crack1021:20161218185529p:plain

LINEフリープランは月額500円から利用できる料金プランです。
LINEフリープランは3種類あり、データ通信専用プラン・SMS機能付きデータプラン・音声通話付プランの3つです。1か月に使用できるデータ量は1GBまでとなっています。

データ ¥500
データ+SMS ¥500+¥120
データ+SMS+音声 ¥500+¥700

LINEのみを使う人向けのプランだと思います。月の仕様データ量が少ないので多くの人はコミュニケーションフリープランになるかと思います。

  • コミュニケーションフリープラン

f:id:crack1021:20161218182433p:plain

LINE・TwitterFacebookInstagramのデータ通信量が月の使用可能データ量からマイナスされない


LINEモバイルの特徴はカウントフリー機能です。
LINEモバイルは、LINEの音声通話・トーク・画像・動画の送受信・タイムラインの確認などLINEの通信量をカウントしません。
LINEフリーに加えてこのコミュニケーションフリープランではTwitterFacebookInstagramの通信量も利用したデータ量としてカウントしません。

各種SNSを使わない人はあまりいないと思いますので、LINE・TwitterFacebookInstagramをデータ量を気にすることなく楽しむことができます。

データ+SMS データ+SMS+音声
3GB ¥1110 ¥1690
5GB ¥1640 ¥2220
7GB ¥2300 ¥2880
10GB ¥2640 ¥3220


ほかのMVNOと比べると料金は少し高めに設定されています。

LINEモバイル料金プラン選択時の小ワザ

  • 初月の月額基本料が無料


f:id:crack1021:20161218190343p:plain


LINEモバイルの価格表に小さく書いてあるのですが、LINEモバイルの初月の月額基本料が無料です。
つまり、どういうことかというとプラン選択時に3GB~10GBまで選択すると思います。なので初月は10GBを選んだ方がお得ということになります。
使わなかった分のデータ量は翌月に繰り越すことができますので、初月は10GBを選んでおいて損はないと思います。
データプランの変更はマイページから行うことができます。翌月からの適応となります。
ちなみに初月に解約してしまうとその月の分の使用量が発生しますので注意が必要です。

SIMカードの選択

f:id:crack1021:20161218191102p:plain


SIMカードの選択ですが、利用する端末がどのサイズなのか調べてから選択する必要があります。しかしどう頑張ってもSIMカードのサイズがわからない・・・・という方もいらっしゃると思います。わからない時のSIMカードのサイズはnanoSIMを選べば大丈夫です。
MicroSIMや標準SIMを選んでしまった場合、nanoSIM対応のスマホなどに後々買い替えたりするとSIMカードのサイズが違いますのでSIMカードを再発行(3000円)する必要があります。スマホでのSIMカード「小は大を兼ねる」ので最初から一番小さいnanoSIMを選んでおくのがベストです。SIMカードのサイズを変更できるアダプターなどもAmazonで売っていますので使いまわしができます。

個人情報入力

f:id:crack1021:20161218204301p:plain

個人情報を入力します。
前述のようにメールアドレスはキャリアのメールアドレスにしないように注意してください。

メールアドレスの確認


f:id:crack1021:20161218204606p:plain


入力したメールアドレスに本人確認書類のアップロード用のURLが記載されたメールが届きますので、メールの確認を行います。

本人確認書類のアップロードURLが記載されたメール確認

f:id:crack1021:20161218205407p:plain

記載されているURLにアクセスします。

本人確認書類のアップロード

f:id:crack1021:20161218205536p:plain

URLにアクセスし本人確認書類をアップロードします。

提出できる本人各書類は


運転免許証
運転経歴証明書
日本国パスポート+補助書類
在留カード
特別永住者証明書
住民基本台帳カード
健康保険証+補助書類
後期高齢者医療被保険者証+補助書類
届出避難場所証明書
身体障害者手帳
療育手帳
精神障害者保険福祉手帳
特定疾患医療受給証+補助書類
特定疾患医療登録者証+補助書類

ちなみに僕は健康保険証と補助書類である住民票をスマホのカメラで撮影しアップロードしました。
住民票は3か月以内のものでなければいけないのでそこも注意です。

支払方法はLINE Payカードがおトク

f:id:crack1021:20161218210151p:plain

基本的に格安SIMの支払いはクレジットカードのみと考えていいですが、LINEモバイルではLINE Payカード支払いにも対応しています。

  • LINE Payカードの残高から使用料を支払うとポイントが使用料の3%付与

支払いにLINE Payカードにチャージした残高を選択すると、毎月の使用料の2%分のLINEポイントが付与されておトクです。
さらにLINEモバイルでは毎月の使用料の1%分のLINEポイントも付与されますので、LINE Payカード支払いにすれば毎月使用料の3%分のLINEポイントがもらえてかなりおトクになります。
LINEポイントはAmazonギフト券、LINEコイン、nanacoポイントなど電子マネーに交換することも可能です。

LINE Pay決済ではポイントが1%しかつかないので注意

支払方法の画面で紛らわしいのがクレジットカード決済のLINE Pay支払いとLINE Pay決済があること。契約した後に気づいたのですが、LINE Pay決済ではLINE Payカードに登録したクレジットカードからの引き落としになるためポイント付与は1%になるということでした。(チャットサポートで確認済み)
LINE Payカードにチャージした残高から使用料のしたい場合はクレジットカードと全く同じ情報(ここではLINE Payカードの情報)を入力して手続きをします。カードの名義は申し込みをした自分の名前をローマ字で入力すれば大丈夫です。

ログイン用ID・パスワードの設定

f:id:crack1021:20161218212251p:plain

支払方法の登録が済んだら、月の使用料やデータ残量が確認できるマイページへログインするために必要なID・パスワードを設定します。

申し込み内容の確認

f:id:crack1021:20161218212500p:plain

申し込み内容を確認して申し込みが完了。

申し込み完了

f:id:crack1021:20161218212608p:plain

f:id:crack1021:20161218212947p:plain

申し込みはこれで終わりです。申し込み完了のメールが届きますので、念のため確認してください。
あとはLINEモバイル側で審査があり、契約成立となれば後日SIMカードが発送されてきます。

申し込み翌日にSIMカード発送の連絡


前までマイネオを契約していましたがこの際メイン回線もLINEモバイルにしてしまおうと思い契約しました。
マイネオのときはSIMカード発送まで2、3日かかっていましたがLINEモバイルは申し込み翌日にはSIMカードの発送連絡がきました。

f:id:crack1021:20161218220511p:plain

このくらい対応が早いとなお安心できますね。

LINEモバイルのSIMカードが自宅に到着

f:id:crack1021:20161218222149j:plain

灰色の封筒が一つ入っています。
開封します。

f:id:crack1021:20161218222248j:plain

2冊冊子が入っていて、「LINE MOBILE MANUAL」「LINE MOBILE SIM CARD」の記載があり、後者にはSIMカードが入っています。

f:id:crack1021:20161218222456j:plain

SIMカード側にはSIMカードが、マニュアルにはAPNの設定方法などが書かれています。

スマホのAPN設定を行う

まずSIMカードを取り出します。SIMカードは手の脂などがつくと読み込みできなくなったりしますので、必ず手袋をして取り外してくださいね。
SIMピンでスマホのSIMトレーを出してSIMカードを正しい向きでセット差し込みます。
この時点ではまだ通信ができませんので注意してください。
格安SIMではAPN設定というものが必要になります。

APN設定とは?

APNは英語でアクセスポイント名を意味する「Access Point Name」の略です。大手キャリアのスマホなどには最初からこの機能がそなわっているので特に何も設定する必要はありませんが、格安SIMはこの設定をしないと通信できないのです。
LINEモバイルなら「LINEモバイル」のネットワークを経由してインターネットに接続しないといけないというわけです。

そんなに難しくないので誰でも簡単に設定できますのでご安心ください。

AndroidiPhoneそれぞれのAPN設定の仕方をのせておきます。

Androidの場合
  • 設定画面を開く
  • バイルネットワークの設定画面を開く

※端末によって設定画面名が異なります。
f:id:crack1021:20161218224218p:plainf:id:crack1021:20161218224226p:plain

  • アクセスポイント一覧からAPN設定画面を開く

「モバイルネットワーク設定」内にある「アクセスポイント名」の一覧画面からアクセスポイントの追加を行う。
「新しいAPN」の追加するボタンをタップ
f:id:crack1021:20161218225006p:plainf:id:crack1021:20161218225012p:plain

  • APNの設定を行う
名前 LINEモバイ
APN line.me
ユーザー名 line@line
パスワード line
認証タイプ PAPまたはCHAP

f:id:crack1021:20161218225742p:plainf:id:crack1021:20161218225745p:plain

  • 保存ボタンとAPNの選択を行う

項目の入力が完了したら必ず「保存」ボタンを押し、APN一覧から先ほど保存したLINEモバイルAPNを選択
f:id:crack1021:20161218225958p:plainf:id:crack1021:20161218230001p:plain

設定が終わったら一度スマホを再起動させましょう。
以上で設定は終了です。

iPhoneの場合
  • Wi-Fiに接続し、下記URLにアクセス

https://mobile.line.me/apn/line.mobileconfig

  • APN構成プロファイルを設定する

インストールボタンをタップ
f:id:crack1021:20161218230736p:plain

  • パスコードを入力する

スマホのロック解除のパスコードです
f:id:crack1021:20161218230821p:plain

  • プロファイルをインストールする

f:id:crack1021:20161218230907p:plainf:id:crack1021:20161218230912p:plain

  • 完了ボタンをタップ

f:id:crack1021:20161218230944p:plain

iPhoneも同様に設定が終わったら再起動させましょう。
以上で設定は終了です。

APNの設定がすめばすぐに使えるようになり、MNPの場合は2,3時間程度すれば回線の切り替えが完了します。
キャリアにきちんとdocomoの表示が出ていることも確認してくださいね。

最後に


最後までご覧いただきありがとうございました。
なにか質問等あればコメントでもTwitterでも気軽にご連絡ください。
ちょっと話題に出しづらいのですが正直に話します。
アフィリエイトについてです。
あまり詳しくありませんが最近LINEモバイルのアフィリエイトが広告が出ました。
ここ最近LINEモバイルについての記事が増えているのはそのせいです。
この記事にもLINEモバイルのアフィリエイト広告をいれています。
もしこの記事が参考になったらよろしければアフィリエイトを踏んでいただきたいというのがホンネです。

なぜアフィリエイトをいれているのを話したかというととくめいさんという方の記事を読んで自分も公開しようと思いました。

その記事がこちらです。
creatorclip.info

一つも参考になってないわ、アフィリエイトなんか踏むか!という方もいらっしゃると思います。
参考にならなかったという方はご自身で検索されるか、アフィリエイトなしのリンクも貼っておきますのでそちらから公式サイトに飛んでいただければと思います。

mobile.line.me
コチラのリンクはアフィリエイト広告を一切含んでおりません。

次回もLINEモバイルについての記事を書こうと思ってますのでその記事も読んでいただけると嬉しいです。




広告を非表示にする