初心者かっしーのレビューブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

防災士かっしーのレビューブログ

はじめまして!かっしーです。商品レビューや格安SIM、オススメの防災グッズなどを書いていこうと思います。よろしくお願いします!

AUKEY QC3.0対応 6ポート急速充電器 PA-T11 レビュー

はじめまして!かっしーと申します!
これから商品レビューのブログを書いていきたいと思います!
読んでくださった方の参考になれば幸いです!
不慣れですがよろしくお願いします。

目次

AUKEY(オーキー)って?

よくAmazonスマホのアクセサリー関連製品を見ているとブランド名がAukeyの商品をみたことはありませんか?
Anker製品を探しているとAukeyの製品が混じっていることがよくあります。
僕はiPhoneを使っているのですがライトニングケーブルやモバイルバッテリーを探しているときによく見たことがあります。

AUKEYの本社は中国の深センにあります。
AUKEYが日本市場に参入したのは2年前。Amazonでの知名度はAnkerに比べて劣るかもしれませんが、製品のレビューを見ていると高評価が多く、サポートも手厚いのでで低評価は全くありませんでした。
Ankerはモバイルバッテリーでのシェアが大きいですが、AUKEYはカーインバーターBluetoothスピーカーなど幅広い製品を取り扱っています。
Ankerのパクリじゃないの?と思う方もいるかもしれません。
なんと、会社の設立はAUKEYの方が早かったとのこと。これには驚きました。Ankerの方が後出しだったんですね。

Auは『金』の元素記号、Keyは『鍵』、二つ合わせて『Aukey』というブランド名を立ち上げたそうです。理念もAnkerと似ています。安くて質の高い中国ブランドを世界に広めたい、その世界への扉を開くのが『金の鍵 Aukey』ということだそうです。


日本でのシェアを獲得し始めているそんなAUKEY(オーキー)様からQualcomm Quick Charge 3.0対応した6ポート急速充電器PA-T11を商品提供していただきましたのでレビューしていきたいと思います。

f:id:crack1021:20161205141855j:plain:w400

AUKEY QC3.0対応 6ポート急速充電器 PA-T11 付属品・仕様


f:id:crack1021:20161205142718j:plain:w300


AUKEY QC3.0対応 6ポート急速充電器 PA-T11 の付属品は↓

・Aukey 6ポートQualcomm Quick Charge™ 3.0 USB急速充電器

・着脱式電源コード(0.8m)

・Micro USB急速充電用ケーブル(1m)

・取扱説明書

・ケーブルをまとめるクリップ

※本体の画像は省略します。すいません。

f:id:crack1021:20161205141912j:plain:w300

AUKEY QC3.0対応 6ポート急速充電器 PA-T11 の仕様は↓

テクノロジー Qualcomm Quick Charge 3.0 & AiPower

入力 AC 100-240V 1.5A

出力 1-4 DC 5V2.4A/各ポート(最大) DC 5V6A/4ポート合計(最大)

出力 5-6 DC 3.6V-6.5V/3A,6.5V-9V/2A,9V-12V/1.5A

パワー 60W

AUKEY QC3.0対応 6ポート急速充電器 PA-T11 使用感レビュー

実際にPA-T11を使用してみましたので、使ってみて便利だった点、改善点などをレビューしていきたいと思います。


f:id:crack1021:20161205141957j:plain:w300


重さは約200g。使っているiPhoneSEが145gなのでiPhoneより少し重たいですがずっしり重たい感じはありません。
大きさは横10.3cm縦7.1cm奥行2.6cm。ちょっと厚みのあるモバイルバッテリーって感じでしょうか。

f:id:crack1021:20161205141910j:plain:w300

ポートは6ポートあり、緑色のポート4つがQC2.0対応、オレンジ色のポート2つがQC3.0の急速充電に対応しています。

QuickCharge3.0ってなに?

・Quick Charge 3.0は、「急速充電」の規格。充電速度が速くなる
・読み方は「くいっくちゃーじ・さんてんぜろ(すりー)」
半導体大手・Qualcommクアルコム)社が作った規格
・電池残量0%から80%までに掛かる充電時間の目安は35分ほど

・Quick Chargeを利用しない充電に比べ、充電スピードは4倍ほど速い
・Quick Charge 1.0の約2倍の速さで充電できる
・Quick Charge 2.0よりも充電効率が38%向上した
・Quick Charge 2.0対応製品への充電も可能(QC2.0相当のスピードで)

・まだまだ対応機種は少ない。2016年2月現在、対応するスマホは数機種のみ
・「Galaxy S7」「Galaxy S7 edge」はQuick Charge 3.0導入を見送った
ソニーXPERIA XZ/XPERIA X Compactで初採用

・2017年は「Quick Charge 4(クイックチャージ4)」が登場予定

Quick Charge 4|進化した急速充電は「15分で50%」チャージが可能

対応機種 日本端末
XPERIA XZ(ドコモ SO-01J、au SOV34、ソフトバンク 601SO)、XPERIA X Compact(ドコモ SO-02J)、V20 PRO(ドコモ L-01J)

日本端末での対応機種はまだまだ少ないですが海外機種だとASUS Zenfone3などSIMフリー端末が対応しています。ちなみにiPhoneはQuick Charge2.0対応です。


f:id:crack1021:20161205141946j:plain:w300

話がそれてしまいました笑 通電中は左上の電源マークが緑色に光ります。

f:id:crack1021:20161205141952j:plain:w300

ワットチェッカーを持っていないのでどれくらいのW数が出ているかの測定はできなかったのですが、実際にiPad Air2画像には出ていませんがこの写真を撮っているのがiPadです)、iPhone5s、iPhoneSE、HuaweiP9liteを同時充電してみました。特に問題なく充電できました。
急いでいるときにiPhoneを30分くらい充電してみましたが40%→80%くらいまで充電されていてびっくりしました。
詳しい充電時間やW数はワットチェッカーを購入してからまた改めて記事にしたいと思います。

便利、よいと感じた点

実際に使ってみて便利だと感じたのが付属品のケーブルをまとめるクリップです。(本体じゃねえのかよ)複数の機器を同時に充電しているとケーブルがごちゃごちゃしてしまうことってよくあると思います。付属のクリップがあればめっちゃキレイ!!!とはいかないもののケーブルが少しまとまって見栄えもすっき見えます。

あと、緑色の4ポートだけに備わっている機能であるAiPOWERテクノロジーです。なんじゃそれはと思う方に解説しますと、AiPOWERテクノロジーは機器を接続すると充電器側でそれを自動的に検知してくれてその機器に最適な電流を送ってくれるという機能なんです。便利な時代になりましたね。

最近までiPhoneiPadを付属のACアダプターで充電していましたがPA-T11を使うようになってからは必要なくなったので使わなくなり、コンセントの占有もなくなりました。

改善点、要望

改善というよりは要望に近いのですが、専用のスタンドがあると便利だなと感じました。主に机の上で使うんですけど、そのままでも立ってくれるんですがスタンドがあればもっと安定して机におけるのではないかなと思いました。
AUKEYさんよろしくお願いします笑

まとめ

最近はタブレットスマホの普及でUSB電源の物が増えていますよね。旅行に行くときいちいち家族それぞれでアダプターを持ち歩くのは結構面倒臭かったりします。このPA-T11があればそれぞれが充電ケーブルを持っているだけで手間も省けます。一人で何台もスマホタブレットを持っていて充電する機器が多くて大変という方にもぜひおすすめしたいです。

いかがだったでしょうか?
はじめてレビューブログというものを書いてみたのですが、目次の書き方など結構勉強になりました。
今後もレビューブログをどんどんアップしていきますのでどうぞよろしくお願いします。

読んだ感想、ご指摘などコメントでいただけると嬉しいです。
こんな商品をレビューして欲しいという要望などもありましたら是非よろしくお願いします。

下に今回レビューしたPA-T11のリンクを貼っておきますので、よかったら見てください!

Amazonアソシエイトプログラムを利用しています。



広告を非表示にする